Vol.1 空と海の間に築く未来への遺産 ~石川県編~

分割再生&解説ハンドブック Part 2 能登の農家の伝統食について

  • 映像の概要

映像の概要

能登の農家の伝統食、「ほう葉めし」をご紹介しています。

  • 解説ハンドブック
  • 解説ハンドブック

解説ハンドブック

農家にとって、田植えは一年で最も忙しい作業の一つです。そういった農繁期に食べる特別な伝統食を「お田植え料理」などといいますが、本編で紹介されている「ほう葉めし」もそのひとつ。「ほう葉」とはホオノキの葉で、葉に殺菌作用があるので、食材を包むために昔からよく用いられてきました。豊穣を祈願したお田植え料理は日本全国の農家に伝わる郷土文化です。にしんと凍み大根の煮物、赤飯、きな粉飯、干したらの甘煮、切干大根の煮つけなど、各地で様々な料理があります。

また、農家には「おこびる(お小昼)」と呼ばれるおやつの時間も欠かせません。朝の暗いうちから労働が始まる農業では、作業の合間に軽食を取り、体力を養っていました。こちらはお田植え料理よりは軽食で、おやき、にらせんべい、漬物、果物など、簡単に食べることができるものが中心でした。

film script

film script

map

このパートを見る
収録時間 2分15秒
  • film script

    このパートのシナリオを
    ご覧いただけます。

  • map

    このパートに関連する場所の
    所在地を地図れご覧いただけます。