Vol.2 津軽に息づく担い手たちの魂 ~青森県編~

分割再生&解説ハンドブック Part 1 りんご栽培の流れ

  • 映像の概要

映像の概要

イントロダクション~津軽のりんご栽培と、その栽培農家福士さんのりんご栽培作業を紹介しています。

  • 解説ハンドブック
  • 解説ハンドブック

解説ハンドブック

りんごの歴史

日本にりんごが渡来したのは平安時代中期、西暦でいうと900年頃。当時のりんごは「和りんご」といういわば観賞用のりんごで、現在食べられている西洋りんごではありません。西洋りんごが日本に普及したのは明治4年(1871年)以降であるといわれています。
日本で初めてりんごが栽培されたのは、北海道函館市に隣接する七重村(現在の七飯町)。明治10年に「青森りんごの始祖」とされる菊池楯衛(きくちたてえ)がここで技術を学び、青森に持ち帰って栽培の技術を広めました。明治42年、それまで生産量日本一だった北海道の栽植本数を上回り、青森が全国一位に躍り出て、その地位を保ったまま現在に至っています。また、昭和3年には青森県農試園芸部(現在の青森県りんご試験場)で品種育成に着手を開始し、ここからふじ、つがるなどの様々な有名品種が生まれました。こうして青森のリンゴはさらに知名度を上げ、今日のりんご=青森のイメージが根付いたといっても過言ではありません。

りんご栽培の流れ

解説ハンドブック

film script

film script

map

このパートを見る
収録時間 4分30秒
  • film script

    このパートのシナリオを
    ご覧いただけます。

  • map

    このパートに関連する場所の
    所在地を地図れご覧いただけます。