Vol.4 瀬戸が奏でる小豆島の農と食 ~香川県編~

分割再生&解説ハンドブック Part 1 小豆島について

  • 映像の概要

映像の概要

プロローグ~「オリーブのなる島」として有名な小豆島とはどのようなところなのかご紹介しています。

  • 解説ハンドブック
  • 解説ハンドブック

解説ハンドブック

小豆島について

小豆島は香川県の北東部に位置し、瀬戸内海では、淡路島に次いで2番目に大きい面積を持っています。(153.30 km²、人口約3万人)

小豆島町と土庄町の2町からなるこの島の形は、まるで牛が横を向いているよう。
そのちょうどお腹の部分(小豆島町の中央東部)にあるのが、瀬戸内海の最高峰、星ヶ城山(標高817m)。ここにある星ヶ城跡には、南北朝時代の武将、佐々木信胤が戦に敗れ、立てこもったという言い伝えがあります。
また、首の部分にあたる土渕海峡は、世界一狭い海峡(最狭幅は9.93m)として、1996年のギネスブックに認定。現在は3つの橋と1つの公園で繋がっています。

島の気候は、1年を通して雨が少なく温暖な、瀬戸内海式気候。スペインによく似たこの気候が、島に豊かな恵みをもたらし、オリーブなど数々の名産品が生まれました。

その他にも、日本三大渓谷美の1つ、「寒霞渓」や、県内で唯一、日本の棚田百選に選ばれている「中山の千枚田」などの名所があります。

film script

film script

map

このパートを見る
収録時間 2分48秒
  • film script

    このパートのシナリオを
    ご覧いただけます。

  • map

    このパートに関連する場所の
    所在地を地図れご覧いただけます。