Vol.20 筑後人の渾身、茶のひとしずく ―福岡県編― を追加しました。

Vol.19 歴史が息づく日光 自然に寄り添う営み ―栃木県編― を追加しました。

Vol.18 日本一の味を支える薩摩隼人 ―鹿児島県編― を追加しました。

新着動画
ふるさとに生きるサイト紹介

ふるさとに生きるサイト紹介

ふるさとに生きるサイト紹介

全国各地の農山漁村で、脈々と受け継がれている暮らしの文化。その土地に生きる人々が、何代にもわたって築いてきた農の営み。このサイトは、それらを記録し、次代につないでいくための、映像アーカイブ集です。

vol.20 筑後人の渾身、茶のひとしずく ―福岡県編―

vol.20 筑後人の渾身、茶のひとしずく ―福岡県編―

vol.20 筑後人の渾身、茶のひとしずく
―福岡県編―

「伝統」の職人魂を受け継ぐ星野村のお茶農家。一年に一度しか取れない日本茶の最高峰・玉露は、全国有数の収量を誇ります。こうした伝統の味を守るのは、ぶれることなく自然と向き合う信念。そして、消費者と直接対話し、時代を見据えた挑戦を恐れない勇気。星野村では、また新たなお茶づくりの職人が生まれようとしています。

vol.19 歴史が息づく日光 自然に寄り添う営み ―栃木県編―

vol.19 歴史が息づく日光 自然に寄り添う営み ―栃木県編―

vol.19 歴史が息づく日光 自然に寄り添う営み
―栃木県編―

歴史と世界遺産の街、栃木県日光。そこには無形民俗文化財に指定されている「弥生祭」や日光東照宮の「春季例大祭」といった古くから伝わる行事の他、精進食として伝わった日光ゆばや日本一の生産量を誇るイチゴなど数多くの名産品とともに、伝統を大切に守り続ける人々の姿があります。

vol.18 日本一の味を支える薩摩隼人 ―鹿児島県―

vol.18 日本一の味を支える薩摩隼人 ―鹿児島県―

vol.18 日本一の味を支える薩摩隼人
―鹿児島県―

桜島をはじめ数多くの活火山を持つ鹿児島県では、大地の恵みの桜島大根、海の恵みの本枯れ節、そして薩摩富士こと開聞岳の麓ではオクラやソラマメと、自然の噴火で作られた土や環境に合わせた生産が盛ん。「今年もうまいものを作りたい」という思いが薩摩隼人の情熱となって、美味しさの源を受け継いでいます。

おすすめ動画
vol.17 小さき命を紡ぐ 豊穣の長州 ―山口県―

vol.17 小さき命を紡ぐ 豊穣の長州 ―山口県―

vol.17 小さき命を紡ぐ 豊穣の長州
―山口県―

和牛の原型ともいわれる見島牛を守るための飼育や流通の普及、新種の野菜「はなっこりー」の開発など、新しい農畜産業の形への挑戦が続けられている山口県。こうした次世代の担い手育成と共に、初節句には子どもの健康を祈り大凧「鬼ようず」を揚げるなど、昔から受け継がれる伝統をつなげ、ふるさとを守る人々がいます。

「ふるさとに生きる」ナレーターに長谷川博己さん登場!長谷川さんが『ふるさとに生きる Vol.20 筑後人の渾身、茶のひとしずく-福岡県-』より、ナレーターをつとめます!