和歌山県

伝統に彩られた暮らしの源

Vol.09

熊野三山に代表される祈りの聖地でもある紀州、和歌山県。紀伊半島の西南部を占め、県内の8割以上が山間地であるため、昔から米作りや畑作だけでは生活が厳しい土地でした。そのため斜面や荒れ地などを開墾し、紀州みかんや紀州南高梅(なんこううめ)、ぶどう山椒などの栽培が行われるように。それとともに醤油や金山寺味噌、紀州備長炭といった農山村の産業も発展、独自の農文化が形成されていきました。

こちらは【Vol.09 伝統に彩られた暮らしの源(和歌山県)】の本編映像となります。(30分程度)
全編を通してご覧になりたい方は、上の動画の再生ボタンを押してください。
チャプターごとに分割してご覧になりたい方は、下部の「チャプター映像一覧」からご覧になりたいチャプター映像をご確認ください。

※映像の再生は無料ですが、動画再生は比較的大きなデータ通信となりますので、Wi-Fi環境やパケット定額サービスでの利用をおすすめいたします。

和歌山県のチャプター
映像一覧